スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やっぱり要領悪い会社です 

うちの会社は要領が悪い。

どんな会社もそうなのだろうか?

バカじゃないかと思うことが多すぎる。

今日は新製品が承認になった。

先日、「明日は承認がおりそうです」って前日の夜にメールが来て見事にハズレ。そして、今日に関しては前日も何の音沙汰もなかった

意味不明。

とりあえず、窓口の卸でパンフを配った。そしたら、会社のOさんが、ハッピを着て登場!!

ひぇ~。ありえないダサさ。まさに電気屋。

MSや他メーカーの視線が痛い。痛すぎる…。

冷ややかな目で見られるだけなのにハッピを着ることに意味があるのだろうか?

でも、Oさんは「お前も着ろ」と強制してこなかったところはステキでした。

私と後輩が、「あのハッピありえないね」っていう話をしていたら、Nさんが「ハッピ着ないの?なんで?今着ないと着るときないぞ?必ず着てもらうから」って超怖い顔で言ってきた…。

ていうか、着るときなんて永遠になくていいしバカじゃない?

真面目っていうか、変わってる。
しかも、併売だからって、超ガツガツしててついていけない。あげくのはてには、多分T社に負けちゃうんだろうなぁ。だってさぁ、毎日、あんな怖い顔で卸&先生と会ってたらみんなひいちゃうよ~

スポンサーサイト

国分町のナゾ・・・ 

昨日は、得意先のビアパーティーでした。

夕方から晴れて、暑くなったのでビールがおいしくて良かったです
で、この会の問題は、何と言っても二次会!!

先生がお気に入りの『V』というお店に行くんです。

かなーーり風変わりな店なんです

マスターがピアノを弾きながら歌ってくれるんですね。
ジャンルはシャンソンとかカンツォーネとかなんでも。

で、あとは、ママともう少し若いおばちゃんが一人とバーテン。ママはどうにも強引というかなんというか、「よく商売なりたつな」って感じの変な人。

先生が、得意の歌を披露してそれを聞くのは全然いいんだけど、ママが私達メーカーにも「歌え、歌え」って勧めてくるんですよぉ…。
で、「そういうの歌えないんで」って言うと「マスターはどんな曲でもピアノで伴奏つけられるから」って。そういう問題か?って感じなんですがね。しかもしつこい。

それに、何回も行ってんだから、いいかげんそこらへん把握しろよって感じそして、毎回「うちのピザおいしいから」とお腹いっぱいだって言ってるのにかならずピザ出してくる。しかも大してっていうか全然おいしくないし

国分町には小さな飲み屋も含め無数のお店があるけれど、入れ替わりが非常に激しい。そんな中、生き残っているこの店はある意味すごい。しかも、こんな変てこな店なのに…

とりあえず、半年後の飲み会まではこの店のことは忘れよう…。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。